野獣のような皇太子に愛されすぎてる|52話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第51話のあらすじおさらいと第52話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

それでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」51話のおさらいからです!

 

老尚宮「人は恋をすれば、傷つきやすくなるものです。」

「もしあの方にも殿下への気持ちがあるなら…あの方も同じだと思います。」

 

老尚宮「ためらっていると、もっと大きな傷を、負わせるかもしれません。」

「この老婦の言葉…肝に銘じて下さいますように。」

 

武巳は、たった一言答えます。

「わかりました。」

 

その日から武巳は、花蓮の部屋を尋ねる事は、ありませんでした…。

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」51話のあらすじおさらいでした!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第52話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」52話ネタバレあらすじ

久しぶりの家族との食事

最近あの方の姿をみないわね…この前まで一日も明けずに来ていたのに…

…!もしかして何か、あったのかしら…

ある日を境に武巳は、花蓮の部屋を、訪れなくなりました。

 

それに合わせる様に、皇太子妃候補女性達は家族達との時間を、取れるようになります。

想「花蓮!」

久しぶりに聞く声は、花蓮の3番目の兄の柳 想でした。

 

想が一人で来たので、花蓮は父と2番目の兄 江は、今日は来ないのかと聞きます。

想は二人は会議が長引いて、遅れると話しました。

 

花蓮と想の会話を聞いて、海が言います。

「戦争交渉のため、忙しいとの事でしたが、その為ではないでしょうか?」

 

花蓮は戦争は全て終わったと、思っていたので、その様に言いました。

海は自分も分からないが、補償金などの話しがあるとか、恵那の女中に聞いたことを話します。

 

あの子は本当に不思議な子ね。どこでそんな話しを、聞いてくるのかしら…」

「本当に。あの子はスパイとして他国に、送らなければいけないです。」

 

そんな事を話していると、花蓮の父と2番目の兄である、江が到着しました。

花蓮の父は花蓮を、半泣きで抱きしめます。

 

「見ない間に綺麗な顔が、もっと綺麗になった気がするが…江。お前もそう思わないか?」

「海が何かいい物を、食べさせたのか?」

 

「ハイハイ。そこまでにして、想坊ちゃんが持って来て下さいました。」

海は想が持ってきたお重箱を開けながら、あの王族しか口にする事ができない、白い高麗人参の事を思い出します。

 

こんな風に久しぶりに、家族との食事が始まりました。

スポンサー

女の闘いは父の闘いへ

「竹馬の友の様に仲の良かった二人が、最近、拳で喧嘩をしたと言って、宮中が騒がしいですが。」

 

宰相である父なら、知っていると思い聞きます。

問題の二人は会議で武巳が「これから近い仲になるかもしれない」と言った二つの家の者達でした。

 

そう、花蓮を池に落とした、女性達の父親たちでした。

 

でも父の答えは、自分も良く分からない、と言う事でした。

それよりも宮中では、問題がありました。

 

警備のしっかりした宮中で再び、盗難事件が起きたのです。

今の柳 忠がもっとも頭を、痛める事でした。

 

その話しをしているのを聞いて、花蓮が父の身体の心配をします。

花蓮の言葉を聞いて花蓮の父は、宮中で一番仕事の出来る私だから、この様な事は指一本で解決出来ると胸をはりました。

 

ふと気が付いた様に、父が口を開きました。

「そういえば花蓮。明日は、三揀擇の日だろう。」

 

「はいそうです。明朝、女官が通過したか、しないかを伝えにきます。」

「三揀擇の直後、皇太子と対面式が有る事を、知っているね?」

「私が三揀擇に通過すればですが…」

 

話をしていると、少し離れた所で器が、割れる音がします。

その後すぐ怒鳴り声がしました。

 

先ほど話しをしていた例の二人でした。

汚い言葉で罵り合ってる二人の話を、聞いてはいけないと、花蓮の耳を想がふさぎました。

 

「三揀擇後は家に帰れるから、心配はいらないよ。」

 

皇居を出て家に帰れば、あの人にもなかなか、会えないかもしれないわ…

花蓮の目に涙が流れます。

どうしよう…あの人の事…好きなんだわ…

三揀擇

次の日、花蓮の所に女官が、やってきました。

女官「柳家、花蓮様ですね。私について来て下さい。」

 

他の候補者の事を聞くと、時間差でそれぞれの場所に、行ったと聞きました。

女官「この中にお入り下さい。」

 

中に入った花蓮は、何かに気が付きます。

その時皇太子が、入ってきました。

 

花蓮は床に座り、挨拶をします。

「殿下、ご挨拶申し上げます。」

 

ほのかに透ける大きなシルエット…小さく囁く声…特別なタバコの香り…

花蓮は一人の人を思い浮かべます。

 

「武巳…?」

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」52話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」52話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」52話感想や見どころを書いていきます。

 

ネタバレではしっかり書きませんでしたが、恵那は花蓮の3番目の兄、柳 想が気になっている様です。

 

花蓮と海で切った想の髪も、気に入っている様です。

恵那の恋はどうなるでしょうか?

 

そして皇太子との対面式の日が、とうとうきました。

結局と言うか意図的にと言うか、花蓮に自分の身分を明かさずに、対面式を迎えました。

 

この後どうなるかは、「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」53話をお楽しみに!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」52話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」53話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」53話へ向けて少しネタバレを書いていきます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

少しネタバレ注意です。

 

対面式の後、武巳が倒れます!

戦争で普通の人が受ければ、命がないだろうと言う、傷を受けても直ぐに良くなる武巳です。

 

なにかショックな事が、あったのでしょうか?

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」53話をお楽しみに!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」53話へ向けて少しネタバレでした!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー