野獣のような皇太子に愛されすぎてる|55話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第54話のあらすじおさらいと第55話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

それでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」54話のおさらいからです!

「わたくしは柳 宰相の娘…柳 花蓮です。」

 

それを聞いて門番たちは、騒ぎ立てます。

中まで聞こえた様で、人が出て来ました。

 

「皇太子殿下の容態が思わしくないから、注意する様に言っているのに!」

 

出て来た人は花蓮を見ると、ひれ伏します。

「こっ、こ、皇太子妃さま!」

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」54話のあらすじおさらいでした!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第55話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話ネタバレあらすじ

眠ったままの野獣

御医に連れられて、武巳の部屋に、入る花蓮でした。

部屋に入ると武巳は、横たわっています。

 

御医が2度目の対面式の後直ぐに、倒れた様だと言いました。

倒れた理由がどうしても分からず、心に大きな衝撃を受けたのかもしれないと、言うのです。

 

花蓮に心当たりがないか、聞くのでした。

花蓮は横たわる武巳の頭を、触りながら言いました。

 

「早く目を覚まして…」

スポンサー

武巳からの贈り物

何日か後の事でした。

蓮皇帝の前に柳 宰相と、大学士がいました。

 

蓮皇帝は言いました。

「何かあったのか?宰相までも連れて…」

 

大学士「陛下。大変申し訳ないのですが、至急を要する事なのです。ご覧ください。」

忙しい中呼ばれて、イライラしている宰相です。

 

蓮皇帝は大学士から、書札を受け取りました。

それを読むとグッと結んだ拳を、机に打ち付けていいました。

 

「本当か!これは本当に事実なのか!」

大学士「陛下。本当でございます。その書札が届いてかなり経ちます。」

 

「なぜ今頃ミールの涙を、発見したと言うのだ!」

宰相も皇太子が、倒れたこの時局にと驚きます。

 

大学士は話を続けました。

大学士「手紙を受け取った時に、陛下にお話しをしたかったのですが…」

言葉になにか含みを持ちながら、話している大学士です。

 

「確かな証拠を掴んだのか?…」

大学士「証拠と証人も確保しました。任せて頂ければ、自白を取り付けます!」

 

ぎょろりと柳宰相を、見ながら続けました。

大学士「”灯台下暗し”と言う言葉がありますが…柳宰相…」

 

「それは犯人は宮中に居ると言う事ですか。」

大学士は柳宰相はそれだけ、知っていればいいのだと言います。

 

大学士「国文を開けて下さるように。ご了承くださいますように。」

蓮皇帝が「許そう…」と一言だけ言います。

 

大学士は言います。

大学士「陛下!ありがとうございます!」

 

*国文…被害者から自白を受ける為に刑罰を加える審問の事。

囚われた花蓮

武巳の部屋から戻ってから花蓮は、恵那と話しをした内容を思い返していました。

 

恵那は「それで…」と言って花蓮に疑問を投げます。

恵那「花蓮様。皇太子殿下が目を覚ましたら…皇太子妃になる気持ちはあるのですか?」

「え?」

 

恵那「花蓮様が言われる通りでしたら、皇太子殿下は花蓮様を、皇太子妃に決めているようですが…」

恵那の話しはこの様な事でした。

 

皇太子妃と言う名前の重さは決して軽くない、それを受け入れる準備が出来ているのかと言う事でした。

そうです武巳の愛を受けると言う事は、桓帝国の皇太子妃になると言う事でした。

 

恵那様の言うとおりだわ…眠ったままの武巳が心配で、忘れていたわ…

皇太子妃と言う座は簡単に、超えられるものではないわ…

 

「探せ!」

大きな音をたてて、花蓮の部屋の扉が開くと、大声が響きます。

数人の人は花蓮の部屋に、だれ込みます。

 

「この方が誰か、分からないのですか?」

女官「信じる事の出来る情報が入ったので、捜索中だからお前は静かにしていなさい。」

 

そして一緒に来た人達には「それを探しなさい!」と言いました。

 

少しすると「ありました!」と言う言葉が聞こえました。

 

直ぐに花蓮の身は確保されます。

花蓮の目の前に出されたのは、この前武巳から贈られた、美しい石でした。

 

武巳から贈られた物を、何故探しているのかと、考える花蓮です。

「それは私の物です。間違いありません。」

 

女官「自分の物だと?図々しい。」

「それがどんな物かわからないですが、自分の物を自分の物と言うのが、何か問題があるのでしょうか?」

 

女官「信じる所があってその様に、生意気な態度でいる様ですが、牢獄に送られて拷問を受ければ真実を白状するはず…」

 

そして花蓮と海は縛られて、連れて行かれました。

 

その様子を恵那の女中が見ていました。

恵那の女中「!花蓮様と海…!これは大変だ!早く柳隊長に知らせなくちゃ!」

 

~青龍宮~

恵那の女中は花蓮の兄、柳 江に花蓮身になにが起きたかを、伝えました。

 

外で恵那の女中と柳 江が、花蓮の話しをしている声を聴く武巳です。

 

花蓮…

 

武巳は目を覚ますのでした・・・

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話の感想や見どころを書いていきます。

見どころです!

 

囚われの身になってしまった、花蓮の事を聞いた武巳は、やっと目を覚ましました!

目の覚まし方は劇的です!

花蓮の名前を聞いて目を覚ますとは…

 

囚われた花蓮は、どうなるのでしょうか?

武巳~早く助けに行って~と言う感じです。

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話をお読み下さい!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」55話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」56話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」56話へ向けて少しネタバレを書いていきます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

今回は少しネタバレ注意で、お願いします。

 

桓帝国の国宝を盗んだとして、囚われた花蓮と海です。

花蓮の部屋からは、宝である2つの石が出て来ましたから、良い訳が効きません。

 

まさか皇太子であることが分かった、武巳からの贈り物だとは、言う事はできないでしょう。

 

海は倒れてしまい、それでも拷問を、受ける続ける花蓮です。

 

そこに目を覚ました武巳が…

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」56話をお楽しみに!

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」56話へ向けて少しネタバレでした!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー