野獣のような皇太子に愛されすぎてる|65話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第64話のあらすじおさらいと第65話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

それでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」64話のおさらいからです!

 

お付きの男は「男では…」と言っているのですが、金髪の男は「男でも」良いと言っています。

金髪の男「今は何だか黒い野獣のようなやつが横にいるようだが…」

「私の手の中に入ったら、坊っちゃんも結局私のを愛さずには、いられないでしょう。」

 

どの様にしましょうかと、お付きの男が尋ねました。

金髪の男「黒楼の支部長を訪ねて伝えろ。最高値が3倍でなくて、5倍にすると…」

「ですからキズ。一つ付けずに…」

 

 「私の前に差し出すように言いなさい。」

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」64話のあらすじおさらいでした!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第65話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話ネタバレあらすじ

恋人たちの街

月夜に月光を浴び、船遊びをするなら、それはそれは素晴らしく幻想的です!

告白成功率100%の完璧デートコースです!

 

花蓮の二番目の兄の柳 江が、話していたのを思い出していました。

もう変な奴らにも絡まれたいだろう!…

 

花蓮が宮廷内にもパルアン樹が、植えられると良いと言いました。

武巳は一つのところ以外植えられると言いました。

 

代々皇帝夫婦が恋心を、分かち合う「閣」の様に、植えられるといいます。

「これからはそこに住むようになるだろ。」

武巳の精一杯の告白の様でした。

 

今のところは、はるか遠いようだが…

 

 

「さあ船に乗ろう。」

スポンサー

船揺られる恋人たち

武巳は花蓮の手を引いて船に乗ります。

月が水面に写りとても美しいそんな場所です。

 

この人は、もう…

華鈴は船の上で武巳に恋歌を送ります。

 

黒い夜にいっぱいの星をじっと見ていると、いつの間にか近づいてくる君の息吹…

海の底からも感じられるでしょうか…

風に混ざって来る懐かしさの中に…

 

心の片隅でがさがさしながら寂しさを語るその時、あなたがそっと私の手を握ってきます…

湖が抱くたった一つの月のように…

あなた一人が私の胸の中にいます…

 

流れ…また流れて…

あふれ…またあふれて…

 

世界中をいっぱいに濡らす…

私を完全にさせるただ一つの理由…

それはまさにあなた…

 

武巳…

柳 忠が見た夢

武巳と花蓮が舟遊びを楽しんでいたその頃、花蓮の父 柳 忠は夢の中にいました。

次男 江と馬で走っていると、いつの間にか柳 忠は、一人になっていました。

 

馬から降りると目の前には、川が流れています。

川辺に少女が、一人座り込んでいました。

柳 忠が「お~いそこの子!」と言いました。

 

川辺に座り込んでいた少女は「はい?」と言って振り返ります。

柳 忠は振り向いた少女の顔を見て、びっくりした様です。

 

「お母さんはどこにいるんだい?お父さんは…?」

柳 忠が少女に聞くと、少女は黙ってただ顔を横に振りました。

 

「一人でここで何をしているの…?」

少女「渡りたいのですが…深くて渡れません…」

 

「そうだな…子供にはこの川は深い…しかしなぜ川を渡りたいのだ?」

少女「お母さんの所に行きたくて…」

 

それを聞いた柳 忠は自分の乗って来た馬に、乗せてあげようと馬の方を見ます。

でも乗って来たはずの馬は、そこにはいませんでした。

 

気が付くと少女は柳 忠の指と服を小さな手で、ギュッと握って不安そうな目をしていた。

その様子と顔は小さな頃の花蓮に良く似ており、柳 忠は心を鷲掴みにされてしまいました。

馬がいなくなってしまったので、柳 忠は花蓮そっくりの少女を、背負って川を渡る事にします。

 

すると背中の少女は言います。

少女「おじいさん。」

「うん?どうした?」

 

少女「おじいさん…パパをあまり憎まないで下さい…。」

少女「それから、おじいさんと叔父さんが、行こうとしている所へ、早く行って下さい。」

 

「遅れたら…おじいさんに会う事ができません…」

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話感想や見どころを書いていきます!

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話の感想や見どころは、花蓮の父 柳 忠が見た夢の話しです!

 

花蓮に良く似た少女が、川辺に座り込んでいます。

川向こうにお母さんがいる様で、会いに行きたいと言います。

 

しかし川が深くて、背の低い子供では川を渡れません。

そこで柳 忠が背負って、川を渡る事になります。

 

渡っている最中に、背中の少女が言います。

「パパを憎まない下さい。…それからおじいさんと叔父さんの今行こうとしている所に、早く行ってください。」

ここはネタバレですが、この少女は武巳と花蓮の間に、産まれる子供です。

 

愛する娘花蓮に瓜二つの少女の言葉を、聞いてどう考えるのでしょうか?

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話をお読み下さい!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話の感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話へ向けて少しネタバレを書いていきます!

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

ネタバレ注意で、よろしくお願いします。

 

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話前半は、65話からの柳忠の夢の話しです。

この夢の中で、武巳そっくりの男の子も登場して、柳 忠はびっくりします。

 

「殿下!」

と声を上げてしまうほどでした。

 

目覚めた柳 忠は生々しいこの夢で、何かを感じて直ぐに、出発する事になります。

 

何かがおこりそうな予感ですね!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話をお楽しみに!

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話少しネタバレでした!

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー