野獣のような皇太子に愛されすぎてる|67話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第66話のあらすじおさらいと第67話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

それでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話のおさらいからです!

 

武巳が出かけると直ぐに、コンコンと扉を叩く音がしました。

???「お客様、お風呂が準備が出来ました。扉を開けて頂けますか?」

 

花蓮はお風呂の準備など頼んでいないし、タバコの匂いがしているので、おかしいを思いました。

そしてその声にも、聞き覚えがあります。

 

花蓮は窓の下に幕が張っているのを思い出し、窓から逃げるようとしました。

その瞬間部屋の扉が開き、以前襲われた男達が入って来ました。

 

男「お嬢さん、こんにちは。久しぶりですね。」

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」66話のあらすじおさらいでした!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第67話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話ネタバレあらすじ

花蓮に良く似た少女に会う為に…

生々しい夢から醒めた柳 忠は、二人の息子とその他の者を、起こして出発しました。

月明かりの美しい中、休まずに馬を走らせている柳 忠に、次男の江が少し休んで行こうと言いました。

 

柳 忠は「ダメだ!」と言って、馬を走らせます。

江が焦りながら言いました。

「食事もされていなくて、眠ってもいません。こんな事では、馬から落ちてしまいます!」

 

「今この時間にも、花蓮が遠ざかっているだろう!」

「確かに花蓮に瓜二つの少女が、急がなければいけないと…!」

 

すると前に大きな箱を、乗せた馬車が見えます。

馬に乗っている柳 忠も良く見ておらず、馬車の手綱を持っている二人も、話しをしていて前を見ていませんでした。

 

馬と馬車はぶつかりそうになりましたが、何とかお互いに逸れて、ぶつかりませんでした。

男「狂った老人!死ぬなら一人で死ねよ!死にたいのか!馬をそんな風に走らせて。」

「なんだと!そんなお前たちこそ…!」

 

馬車の男と江が言い合いを始めると、「そうだ!」と柳 忠が言いました。

「ずっとこの様に馬を、走らせているが、それがどうした。」

それはそれは恐ろしい表情で、馬車の男達に言います。

 

「どうするんだよ!!」

江の部下「ご主人様の行く手を阻むとは!(お腹がすいて、眠くて死にそうなのに…)」

 

なんとその事故を起こした馬車の中には、花蓮と花蓮を連れ去った男が乗っていたのでした!

 

馬車の中眠っている花蓮を見ながら、花蓮を連れ去った男がいいます。

 

男「静かに動かなければ、いけないと言ったのに。」

「ハハハハハ。ああむかつく。皆殺してしまう訳にもいかないし…」

「起きてしまって、反抗して商品に傷でもついたら…」

 

笑いながら言う恐ろしい男でした…

スポンサー

花蓮を乗せた馬車

花蓮を乗せた馬車の中から、花蓮を連れ去った男が出て来ました。

男「申し訳ありません。旦那さん。何も知らずに、下の者が無礼をしました!」

 

そんな事を言いながら、柳 忠と二人の息子達の髪と、目の色を見て男は言います。

男「ん?もしかして、柳 宰相ではありませんか?」

「なに?私を知っているのか?」

 

男「もちろんですよ。小さい村ですが、私も官庁で仕事をしています。ですから良く知っています。」

「危うく大きな無礼をおかしました…服装がひどく汚れていて、疲れている様だったので…」

 

男は満潮と名をなのり、柳 忠に会えたことをとても喜んで、柳 忠の手握ります。

柳 忠は満潮と名のったその男を、残忍で卑劣なやつだと見ました。

 

この男、官庁に勤めていると言うが、良民達の膏血をたくさん吸い込みそうだな…

 

満潮「ところで、旦那さんはなぜこんな所まで、お越しに…」

「ああ、まあ、探し物があってな。この辺りにあると、噂をきいてな。」

 

満潮「この辺りは私が、良く知っております…」

「詳しく話して頂ければ、私が最善をつくし、お手伝いします。」

 

その様に言う満潮の言葉を、柳 忠は助けなど必要ないといいます。

しかし満潮は宿の招待状があると言い、柳 忠達に渡しました。

 

そこは招待状がなければ、皇帝陛下であっても、入れない所だといいます。

満潮「いらっしゃた事を、後悔しないと思います…」

 

なにを言っているか分からないが、殴ってやりたいな…

五時間だけ死んだように寝たいし…私の娘花蓮に、どれ位すれば会えるのか分からん…

 

満潮「これが招待状です。入口で私を呼んで下さい。」

招待状を渡して、走りさる馬車の中には、探してる花蓮がいます。

 

「父上、休んでから行きましょう!お願いします。」

「海も気絶して随分たちますし、このまま行くと本当に事故になってしまいます。」

江が言います。

 

「しかし、花蓮が…」

「休んでから追いかける方が、早いです。」

 

共に来た者達を見れば、お腹がすくし眠いし、ボロボロの状態でした。

仕方なく満潮がくれた招待状を、使う事にしたのでした。

花蓮の行方

~満潮が渡した招待状の宿(紅河客舎)~

花蓮がい無くなった事を知った武巳が、野獣になろうとしていました。

 

宿の使用人「だ、旦那さん。落ち着いて下さい!」

「もう一度言ってみろ。」

 

「花蓮が何処に行ったって?」

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話感想や見どころを書いていきます!

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話の感想や見どころは…

 

花蓮の父親が夢を見て、夢で出会った花蓮に、瓜二つの少女が言った言葉を信じます。

「私もおじいさんに会いたいのに…」

夢の中の少女が言った言葉を信じて、寝る事も食べる事も忘れて、馬を走らせます。

 

父親の愛を感じます。

(後でこの少女と遊ぶ、幸せそうな花蓮の父親が出て来ます。)

 

詳しい内容は、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話をお読み下さい!

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」67話感想や見どころでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」68話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」68話へ向けて少しネタバレを書いていきます!

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

いつもの様に少しネタバレ注意でよろしくお願いします!

 

花蓮の連れ去られた宿舎の客室で、武巳は掃除をしている男に出会います。

 

武巳はその客室で、花蓮の吸わない、タバコの臭いに気が付きます。

「俺が思いの他、早く帰って来たのだろ?…」

掃除をしている男に詰め寄り、花蓮が連れ去られた場所を尋ねます。

 

男「私は本当に知らないのです!…」

野獣のようになった武巳の恐ろしさを前に、震えるのでした…。

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」68話をお楽しみに!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」68話少しネタバレでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

 

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー