野獣のような皇太子に愛されすぎてる|75話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第74話のあらすじおさらいと第75話ネタバレあらすじをご紹介しています。

 

それでは「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」74話のおさらいからです!

 

部屋に一人残された花蓮です。

あっと結う間に炎は、部屋に廻ってしまいます。

このままこの部屋にいたら命はないと思い、窓から外に飛び降りようと考えた花蓮でした。

 

窓の淵に手をかけて、いよいよ外に出ようとしていると、遠くから自分を呼ぶ声が聞こえます。

その声は徐々に近くなります。

 

「見つけた!」

 

炎の中で花蓮を見つけ抱きしめる武巳でした…

 

ここまでが、ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」74話のあらすじおさらいでした!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

それではさっそく「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」第75話ネタバレあらすじ参りましょう!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話ネタバレあらすじ

桓帝国からの援助隊

「睡眠草を入れすぎたかな?」

想(花蓮の3番目の兄)「そうなんですか?加減すればよかったですね。」

「今の問題は、そこではなく…建物が家事になった事が、大きな問題だと思いますが。」

 

そんな事を話していると、柳 忠を呼ぶ声が聞こえます。

「!…来たな。」

 

柳 忠が桓帝国へ助けてくれるように、手紙を送っていたのでした。

蓮皇帝が花蓮の危機をしり、直ぐに人を送った様です。

 

救助隊「柳 宰相。遅れまして申し訳ありません!」

大変な事になっているのを見て、後片づけは自分たちですると言いました。

 

柳 忠はこの建物の中に、目が裂けて縁起の悪い輩がいるから、直ぐに探す様に言います。

柳 忠の話しを聞いて隊長は、この中に人がとても多いので、もう少し詳しく説明をして欲しい言います。

 

そこで満了の特徴を目は裂けて、髪はほうきの様に一つに束ねたなどと、詳しく話しをしていました。

そこに「旦那様!~」と言って、走って来る男がいました。

丁度説明をしていた満了がやって来ます。

 

「おお。そうだ。あの縁起でもないやつだ。」

 

柳 忠の声と同時に隊員達は、満了をすぐさま囲みました。

腕を掴まれ肩を押さえつけられ、床に座らされています。

満了「旦那様、これは一体…」

 

「ゴミのの様なやつ。ほう。これですっきりした。」

スポンサー

炎の中からの脱出

やっと出会う事ができた、武巳と花蓮の二人は、炎と煙の中を出口を探していました。

花蓮は、炎の熱さと煙で限界の様です。

 

ガラガラと音を立てて、柱が倒れて来ました。

武巳は倒れて来た柱から、花蓮を守る為に追いかぶさり、武巳自身が柱を受けます。

 

このままでは花蓮が危ないと考えて、逃げ道を探します。

しかし全て炎に包まれていて、普通の人はとても通る事は出来ません。

 

武巳は花蓮を抱き上げ、炎の中を走り抜ける事を考えます。

花蓮を抱き上げて炎の中を、行こうとしたその時に大声がしました。

二人を救った人とは…

「楼主様!ここに居ます!みつけました!」

 

その声の後直ぐに、たくさんの水が武巳と花蓮に掛けられます。

月花「何をグズグズしているのですか?時間がありません。ついて来て下さい!」

 

楼主様がいらっしゃいました!」

月花の後をついていくと、少女達がたくさん待っていました。

 

「お前…なぜここに居るんだ?お前もあいつらと同じ輩か!」

月花「はい。おっしゃるとおりでございます。皇太子殿下。」

「そうか。それで自分で私の前に現れたと言う事は、死にたいのだろう?」

 

その話しを聞いていた、少女達の中の一人が、月花の前に立ちはだかります。

少女「ダメです!」

「楼主様に、触らないで!この悪者!」

一人の少女の声に他の少女達も、月花の周りを囲み騒ぎ始めました。

 

次は武巳の服を掴み騒ぎ始めます。

少女「楼主様に触るな!」

「悪者!」

「逃げて下さい!」

 

「花蓮。何とか言ってくれ!」

 

野獣と言われる武巳も、少女達は手に負えない様です。

 

花蓮はその横で瞳を潤ませていました…

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話ネタバレあらすじでした!

スポンサー

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話の感想や見どころ

こんにちは!

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話感想や見どころを紹介を紹介していきます!

 

「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話の見どころは、少女達に囲まれてなすすべもない武巳と、それをウルウルさせて見ている花蓮です。

 

大きめの怪我をしても、直ぐに治ってしまう武巳です。

恐い物無しの無敵で、周りの人達は野獣と言っていますね。

 

でも月花を守ろうとする、少女達に囲まれてどうすることも出来ません。

何だか可愛いなと思っていました。

花蓮も同じようで、少女達に囲まれている武巳を見て、瞳を潤ませて感動しています。

 

今までにないレアな武巳です!

 

詳しくはピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話をお読み下さい!

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」75話感想や見どころ紹介でした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」76話へ向けて

こちらではピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」76話へ向けて少しネタバレを紹介していきます!

いつも読んで頂いて、ありがとうございます!

 

本当なら人身売買に、手を貸していた月花も、罰を受けるはずでした。

でもこの事件に携わってきた、者達の名簿を作る事で、許される事になります。

 

場所が変わって、武巳が花蓮を連れて出て来るだろうと、待っている柳 忠一行です。

そこに武巳の手紙が届けられます。

 

花蓮は無事です。

 

と書かれていました。

武巳と花蓮は先に、二人で旅立って行きました。

 

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」76話をお楽しみに!

 

ここまでがピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」76話少しネタバレでした!

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、人気上昇中宮殿ロマンスファンタジーです!

♡ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は毎週土曜日掲載です!

\全話あらすじはこちら/
「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー