勇者の元カノです|43話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「勇者の元カノです」42話のおさらいからです。

沼の底の城に拉致されたメイズ。

城の主であるペルンは、メイズに興味を持ち「飼いたい」と迫りました。

メイズがどうやって抜け出そうか考えていると、何者かが侵入してきたと思われる大きな音が。

 

ペルンが侵入者を探しに行っている間に逃げようとするメイズ。

城を移動していると、旅の道中に出会った皇室騎士団員ベンゼル・ド・サリオと遭遇しました。

 

はじめはメイズとイスが魔族だと疑い、メイズに剣を向けたベンゼル。

しかし聖水で作った腕輪をメイズの手首にかけても反応しないことから、誤解であったと謝りました。

 

一方その頃、城内の別の場所では、イスがペルンの首を魔力で締め付けて拘束していました。

怒りの表情に満ちたイスは、ペルンに尋問しました。

「メイズはどこだ?」

 

\全話あらすじはこちら/
「勇者の元カノです」あらすじリスト

 

それでは、「勇者の元カノです」43話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」43話ネタバレあらすじ

混乱

「何それ?」

ペルンはイスの問いに心当たりがないかのように答えました。

 

僕の妻だ、と言われてイスが結婚したことを知りました。

しかし、何故自分の城で魔王妃を探すのか疑問のペルン。

 

領域に入った人間の女を出すよう命令されても、「人間の女はいるけど、なぜ?」と返してしまいます。

 

脳みそまで沼になったのかと嫌味を言うイス。

妻を探しているのだと再び言うと、ようやくペルンは理解できました。

と、同時に、魔王妃だから慣れた匂いがしたのだと腑に落ちました。

 

イスの命令が理解できたペルンは、とんでもないことを言い放ちます。

「気に入ったから連れて行かないで。他にも周りにいっぱいいるじゃない。譲ってよ。」

 

その言葉に、イスは鋭い目つきでペルンを睨みつけました。

 

その頃、メイズとベンゼルは魔気が強い方向へと進んでいました。

メイズは魔気測定器がイスを指していたことが気になり、ベンゼルと共にイスを探していました。

すると突然、目の前に何かが落ちてきました。

 

見ると、ペルンの生首がドンッと落ち、コロコロと転がっていきました。

「きゃああああ!」

 

メイズの悲鳴を聞きつけて駆け寄るイス。

2人は抱き合って再会を果たしました。

 

その時、メイズがかけられている腕輪が当たった部分にチクッと痛みを覚えたイス。

不思議に思いながらも、ベンゼルに怪物(ペルン)の始末をお願いして宿へ戻ろうとしました。

 

「ランセルさんがこの怪物を?」

ペルンの生首の側で、ベンゼルは尋ねました。

※ペルンは無口で無表情なので死んでいると勘違いされていますが、生きています。

 

拙い技量だが、と謙遜するイス。

内心では、この場をすぐに離れ、ペルンの技量を信じてベンゼルを始末してもらおうと考えていました。

 

イスがメイズに手を伸ばすと・・・

バチバチッ

メイズの腕輪に反応して、イスの手に傷がつきました。

そして、すぐにその傷が治り、メイズは混乱してしまいます。

 

イスは魔族なのか?

ペルンのように人間の姿になり騙していたのか?

はじめから全てが嘘だったのか?

 

メイズは思い詰めるあまり、唇を強く噛み締めて口から血を流してしまいます。

その血を心配するイスの言葉は、メイズには届きませんでした。

 

ベンゼルには見えてなかった?

本当に魔族ならベンゼルの方に逃げなければ。

でも・・・

 

ふと、自分が本当のメイズではないと打ち明けた時、

イスは無条件に味方でいてくれたことを思い出しました。

 

小説の設定が魔族だからといって、今までのイスが変わるわけではない。

今は自分がイスの味方でいなければ。

 

そう決意したメイズは、腕輪を取り、イスに「一緒に帰ろう」と言いました。

スポンサー

魔王

メイズとイスは、宿の部屋に戻ってきました。

ホットミルクを作ろうかとイスが聞いても、俯いて断るメイズ。

話がしたいから、と言いながらメイズは単刀直入に質問しました。

 

「あなたは魔族なの?」

 

その言葉に、突然なんの話?と困惑した表情を見せるイス。

「僕が魔王だって知ってて・・・

・・・?」

 

どうも噛み合わない2人。

イスはとっくに、メイズが魔王である自分を受け入れてくれているのだと思い込んでいました。

しかし実際は、イスが魔王であることをメイズは知りません。

 

初耳だけど・・・と戸惑うメイズ。

“元カレは勇者で、夫は魔王!?”

 

落ち着いて整理したいメイズ。

「お互い時間を・・・」と言いかけると、イスが必死な顔で「離婚はしない!」と制しました。

 

メイズは、何故いま離婚の話になるのか意味がわからないながらも、

不安そうに引き止めるイスを見て実感しました。

 

“あなたの気持ちまで嘘じゃなくて良かった”

亀裂

イスの気持ちに嘘はなかったことに安心したメイズは、このまま話を続けることにしました。

 

メイズはイスの頬を優しく撫で、魔王がお見合いなんておかしな話、と笑ってみせました。

イスはその手を握りしめ、嘘をついたと告白しました。

 

魔族と人間は生まれからして違うので、嘘をついて近づいたことに罪悪感はないと言うイス。

 

「・・・隠してたのは魔王ってことだけじゃない」

イスは神妙な面持ちで話を続けました。

 

怒っても罵っても恨まれても耐えるから、離婚はしないと約束して欲しい、と念を押しました。

 

そして、ついに「君は皇室公務員じゃない。」と告白しました。

 

試験も職場も全部僕の作り物だ、と聞かされてたじろぐメイズ。

 

思い返せば、

イスの予想が全て当たった試験問題、

ハートの折り紙などの業務、

自分だけに寛大な上司・・・

妙なことはたくさんありました。

 

メイズは感情を爆発させ、イスに怒鳴りつけました。

「私の努力を踏みにじって、あなたが得られるものは何!?」

 

メイズの名前を口にしたイスを、「呼ばないで!」と遮ってしまいました。

 

「ごめん、謝ることしか・・・」

イスは心の底から謝りますが、メイズは顔を両手で覆いうなだれてしまいました。

 

イスのことは愛しているし、魔族でも構いませんでした。

でもこれは話が違います。

あなたを愛する時間が無くなった、と泣きながら口にするメイズ。

「少し距離を置きましょう。あなたとの関係に自信を持つ時間が必要よ・・・」

 

〜「勇者の元カノです」シーズン1おわり〜

 

 

「勇者の元カノです」43話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」43話の感想や見どころ

「勇者の元カノです」43話では、とうとうイスの正体がメイズに知れてしまいました。

それでも、気持ちは本物だと感じたメイズは受け入れようとしていました。

しかし、皇室公務員に関する偽装を聞かされて、大きなショックを受けてしまいましたね。

これは、目標に向かって努力した日々が全て無意味だったと感じざるを得ません・・・

愛しているという感情とは関係なく、相手への信頼が揺らぐ大きな嘘。

このことが今後の2人の関係をどのように変えてしまうのでしょうか?

今回の話で「勇者の元カノです」シーズン1が終わりました。

次回以降の「勇者の元カノです」シーズン2も、見逃せませんね!

\全話あらすじはこちら/
「勇者の元カノです」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー