勇者の元カノです|7話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「勇者の元カノです」6話のおさらいからです。

 

皇室公務員試験の勉強をイスに見てもらっているメイズ。

いつものように勉強のあと、二人で食事をしに行きました。

 

「ここの料理長、結婚してるかしら?」

二人で行ったレストランで、料理のおいしさに思わず気になったメイズ。

「メイズ…シェフに求婚するつもり?」

もちろんメイズは冗談で言っていましたが、イスはとんでもなく落ち込んでしまい・・・

 

\全話あらすじはこちら/
「勇者の元カノです」あらすじリスト

 

それでは、「勇者の元カノです」7話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」7話ネタバレあらすじ

結婚

「冗談に決まってるじゃない〜私そんな軽い女じゃないから。」

 

イスの暗い表情を見て、何故か焦りながら言い訳をするメイズ。

 

「まだ恋愛する気もないし?皇室公務員に合格でもして余裕ができれば別だけど。」

「余裕をつくる方法は必ずしも皇室公務員になることだけじゃないだろう?」

 

イスは言葉を濁しながら話します。

「もう少し・・・いつも君が言っている寂しさも解消できて、安心感を感じられる、そんな・・・」

「結婚とか?」

 

はっきりしないイスの物言いに、メイズは強めに言葉をかぶせました。

 

「もしそういうことなら言わないで。最近そんな話にはすっごく悩まされてるの。」

「何をそんなに悩んでるの?」

 

メイズは目の前の料理をあっという間に食べ終えます。

「もう帰ろう、イス。あまり食欲がないわ。」

イスはメイズの皿に目を落としました。

“? 野菜だけ残してるじゃないか”

スポンサー

花嫁候補

レストランからの帰り道、メイズとイスは並んで歩きます。

 

「・・・さっきレストランで言ったことだけど。

あなたと会って友達になれたのは、本当に運が良かったと思うんだけど、

不本意ながら私、『恋人募集中』のレッテルを貼られちゃったみたい。」

 

お見合いをして、合コンにも参加予定であるメイズは、周りから見れば恋人を探していると思われているようでした。

 

「これは誓って自慢じゃないんだけど・・・」

「気にしないで言ってみて、メイズ。僕達の仲じゃないか。」

 

チラッとイスを一瞥して、控えめに切り出すメイズ。

 

「私が花嫁候補ナンバーワンらしいの。この辺の村ひっくるめて、一番気立てが良いって・・・。

道で誰かに会うたびに、お見合いやら合コンやらの話が舞い込むの。

ポ○モンのトレーナーバトルみたいに・・・」

「うん?何モン?」

「なんでもない。イスは知らなくていいわ。」

 

勇者シュクールと別れてから、村の人たちも以前よりメイズと親しくなり、身近に感じているようでした。

 

「・・・どうしてあげればいい?」

「聞いてくれるだけで十分よ。」

 

自分の口から『花嫁候補』だと言い、鼻で笑われるんじゃないかと心配していたメイズ。

しかしイスは真剣に話を聞き、落ち着いた声で、自分に何ができるかを尋ねただけでした。

イスの提案

「なんでも言って。僕はメイズのためならなんでもできるよ。」

イスは全く嘲笑せず、真面目に言いました。

 

「本当に大丈夫なのに・・・」

目を合わさずに答えるメイズ。

 

「本当?・・・本当に大丈夫なの?」

そんなメイズの髪に触れながら、何度も確認するイス。

 

メイズは、明るい笑顔で答えます。

「本当に平気よ。こんなのすぐおさまるでしょ。」

「いつも思ってたけど、君は楽観的すぎるところがある。自分のことなのに全然深刻に考えないだろ。」

 

そんなイスの指摘に、メイズは納得せざるを得ませんでした。

内容を知っている小説の中に来てしまったため、いくらその世界で生きていようとも、当事者ではなく傍観者の視点で見るようになっていました。

 

崖から足を踏み外したとき、頭の中では、

『このあとシュクールが助けてくれる』

『いくら勇者でも衝撃は?』

『受け止められた私も大怪我をするんじゃ?』

『大怪我する内容はなかったし、きっと大丈夫。』

『まぁ、どうせ小説だし。』

そんなことを考えていました。

 

「ほら。」

イスの呼びかけで、思考から戻されるメイズ。

「また他のことを考えてるじゃないか。」

 

イスはメイズの頬に手を添えます。

「・・・これだから放っておけないんだ。」

「放っておけないならどうするの?」

上目遣いでイスを見上げて伺うメイズ。

 

イスは、真っ直ぐメイズを見つめて言いました。

 

「メイズ・ヘーゼルナッツ。

・・・僕と恋をしよう。」

 

「勇者の元カノです」7話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」7話の感想や見どころ

「勇者の元カノです」7話で、最後に衝撃的な言葉が飛び出しました。

今までのメイズに好意的なイスの言動は、やはり恋愛感情からくるものだったのでしょうか。

『恋をしよう』という、告白と捉えられないような提案は一体どういうことなのでしょうか。

イスの本音が気になるところです。

次回の「勇者の元カノです」8話も見逃せませんね!

 

\全話あらすじはこちら/
「勇者の元カノです」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「勇者の元カノです」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー