旦那が美貌を隠す訳|46話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページではピッコマ漫画「旦那が美貌を隠す訳」45話の簡単なおさらいから、46話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

レティーシャとエルデンはベレアルとの話し合いの席を設けました。

レティーシャはベレアルに、オリジナルで作ったコインとその制度について説明します。

 

ベレアルは素直に興味を持ちますが、そのおかげでさらにオリジナルコインの価値が上がったのです。

 

悪どいベレアルは、自分だけ稼げる方法を考え、コインを牛耳ることにしました。

そしてレティーシャのエルデンへの気持ちに目を付けるのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「旦那が美貌を隠す訳」あらすじリスト

それでは、「旦那が美貌を隠す訳」46話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「旦那が美貌を隠す訳」46話ネタバレあらすじ

ベレアルはレティーシャがエルデンの本心を知りたがっていることを見抜きます。

そしてレティーシャに提案しました。

『俺と簡単な契約をするだけだ、それだけであいつの心を知ることができる』

 

『(エルデンの気持ち・・・知りたい、でもそれは・・・)』

 

『私は、本当のことを知っても何一つ変わりはしないわ』

『(チッ、作戦失敗か・・・)』

 

『まぁ仮面夫婦がお互いの本心なんか知ったところでなぁ?』

ベレアルはそっけない態度を取りつつ、レティーシャに興味を持たせようとします。

 

レティーシャはベレアルを信じかけていました。

『(え?本当にエルデンの心がわかるの・・・?)』

 

ベレアルは余裕の笑みを見せながら言いました。

『まだ俺を疑ってんのか?離婚届まで渡されたんだろ、離婚すればお前は天涯孤独・・・自分の心配をするべきだな』

 

レティーシャはベレアルの言葉が図星でした。

もし離婚が成立したら、エルデンはもちろんハルステッドの仲間たちともお別れになってしまいます。

レティーシャはそれが嫌でした。

 

と、領収書の書類を書き終えたエルデンがやってきて、ベレアルの顔に押し付けました。

『領収書だ、これで用は済んだだろ、さっさと帰れ』

 

そしてエルデンはレティーシャに声をかけました。

『目を合わせてはいけませんよレティーシャ、瞳が穢れてしまいますから』

 

『(昔みたいに・・・また私は一人に・・・?)』

 

ベレアルは怒りながら領収書を剥ぎ取ると大きな声をあげました。

『夫婦揃って俺をイラつかせんじゃねえ!』

 

ベレアルは書類を手に持ち、宙にふわりと浮きました。

『覚えておけ、悪魔からは永遠に逃れられない・・・またな、ハルステッドの領主サマ』

そしてそのままベレアルは姿を消しました。

 

『(ベレアルの誘惑に負けるところだった・・・もっと気を引き締めなきゃ)』

レティーシャは不安な表情のまま心の中で反省するのでした。

 

スポンサー

価値

ベレアルとの話し合いから数日後、閉店したレストラン「異世界」でレティーシャは考えていました。

あの日から、ベレアルの言葉が頭から離れないでいたのです。

『(しっかりするのよ私!これじゃああいつの思惑通りじゃないの!)』

レストランのドアの前でレティーシャは頭を抱えます。

 

『奥様!奥様!』

すると、レティーシャの背後から誰かの声が聞こえてきました。

 

やって来たのはベレアルの召使いの悪魔でした。

騒ぎをききつけてエルデンも現れます。

 

『お元気でしたか?あ、旦那様も!』

『あれ、ベレアルはいないの?』

 

召使いは、今日はベレアルに内緒でレストランに来たと言いました。

レティーシャはその理由を尋ねます。

 

『どうしてもあのスープが食べたくて・・・ベレアル様に仕えているので契約書はないのですが・・・』

『ふーん・・・つまりコインが欲しいのね』

『はい!左様でございます』

 

レティーシャはコインの相場を確認しだします。

『ベレアルが興味を示さなかったから価値は下落してるはず・・・今日の終値は・・・』

『ど、どうか1コインだけでも〜!』

 

レティーシャは確認後、1枚のコインを召使に渡しました。

『どうぞ、今日はもう閉店だからまた明日来てね』

 

召使いはお礼を言ってコインを受け取ると、嬉しそうに帰っていきました。

 

『大きな成果は見られませんね・・・これからどうしましょうか』

『いいえ順調ですよ、ちゃんと引っ掛かってくれましたから』

心配するエルデンをよそにレティーシャは微笑みました。

 

そして、ベレアルの宮殿では、戻った召使いがベレアルにコインを渡していました。

『頼まれていたコインです!』

 

『遅いじゃないか!移動用の扉は使わなかったのか?』

『実は袋をなくしてしまって・・・』

『ったくお前はドジだな〜』

 

ベレアルは引き取ったコインを天秤の皿の上に乗せます。

コインの価値は340デニア、と表示されました。

 

『予想通りだな、俺が売り戻したら価値がさがった』

『もう少し下がるまで待つのがよいかと』

『しばらく様子見だな』

 

そして、数日が経ちましたが、ベレアルは荒れていました。

『あと少し!少しだけ下がってくれー!』

 

ここ数日、コインの価値は上がったり下がったりを繰り返していました。

ベレアルはその間、ずっと天秤を見続けています。

 

『ベレアル様、外出したり他の悪魔にあったりされたほうが・・・御身体に毒です』

『その間にコインの相場が落ちたらどうすんだ!』

 

召使いはこれ以上落ちないと判断し、ベレアルに今のタイミングで購入することを提案します。

『他の悪魔もこのコインに投資し始めてます、スープの売り上げを鑑みてもこれ以上は・・・』

 

『あと1デニアだけ下がってくれ・・・1003デニアになれば・・・』

するとコインの価値が1桁下がり、1003デニアになったタイミングでベレアルは買いに走っていきました。

 

ハルステッド城ではエルデンと戦士たちが物陰で会議をしていました。

 

『・・・という段取りでよろしくお願いします』

『ねえ、こんなんで引っ掛かるかしら?』

ウルフ族のヤルンは不安げです。

 

『他の悪魔はともかくベレアルなら間違いないです』

『そこまで言うならやってみるわ・・・』

 

一方、レティーシャはエルデンに1時間だけ一人にしてほしいと頼み、部屋にいました。

エルデンに内緒で、袋にしまった離婚届を探すためです。

 

けれども袋の中は、どこかの大きな物置部屋につながっていて、レティーシャは隈なく探しますが見つかりませんでした。

 

『(でもなんだか、どこかほっとしてる・・・)』

 

すると、エルデンの声がして、ドアをノックする音が聞こえてきました。

 

『レティーシャ、大丈夫ですか?』

『な、何のことでしょう?』

 

『その、もっと一人の時間が欲しいのではないかと・・・)』

レティーシャは何のことかわかりません。

 

『僕のせいですよね、最近迷惑ばっかかけてたから・・・』

 

『(エルデンも、私と同じで一人が怖い・・・?)』

 

『まさか!私は一人よりもエルデンと一緒にいたい!』

少し悲しげなエルデンに、レティーシャははっきりと言いました。

 

と、ここまでが「旦那が美貌を隠す訳」46話のネタバレあらすじでした。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「旦那が美貌を隠す訳」46話の感想や見どころ

「旦那が美貌を隠す訳」46話では、あやうく罠にハマるレティーシャにヒヤリとしてしまいました。

エルデンはレティーシャの心情に気づけないなんて鈍感ですね。

きちんと両思いになる日を今か今かと待ち望んでしまいます。

そして離婚届は一体どこに行ってしまったのでしょうか・・・。

 

次回「旦那が美貌を隠す訳」47話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「旦那が美貌を隠す訳」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「旦那が美貌を隠す訳」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー